昨年のロックダウンからまる1年たちましたが・・・・

久しぶりにブログを更新してみました。

昨年のロックダウンより、まる1年が経過しましたが・・・いまだにこの新型コロナウイルスが猛威を振るっています。

最近では、大阪で連日の1000人を超える感染者がでて、医療逼迫状態に入っております。いやいや・・・また来週ぐらいから東京も1000人の感染者になりそうですね・・・

いろんな防止対策を取られているが・・・防止どころか・・・蔓延しているし・・・先々が思いやられる。

集団免疫を持つまで・・・何年かかることやら・・・

もうすぐゴールデンウィークですが。今年もどこにも行かない人・・いっぱいいるんでしょうね・・

今の失業率・・・どれくらいなんだろう・・・実際のところは??

多分、世界的に、過去に類を見ない「長期失業状態」が続いているに違いない。

だが、不思議なことが1つある。・・・それは、企業倒産件数が例年よりも少ないことだ。

異常なぐらい少ないような気がする。昨年のコロナ禍の中での2020年の倒産件数は8000件を割っていた。かなり少ない

リーマンショック時にくらべたら、全然優秀な数字である。この9割の企業が減益に陥っている状況で・・・である。

今でも、金融機関や、政府の助成金が手厚い・・・雇用調整助成金や最近だと事業再構築補助金 IT導入補助金 テレワーク助成金など政府はできる限りの倒産防止策を出している

銀行も「雨の日には傘を取り上げる」・・・のようなことは一切していないからかな・・・??

ただこの・・・・未曾有の資金繰り支援が倒産を防いでいるが・・・いつまでも続く訳ではないと思う。もうそろそろ・・かな?

企業業績が悪くても、キャッシュが回っているうちは倒産しない。

今回は産業の構造変化などとは違い・・・一過性・・・・その影響で業績が悪化している会社は金融支援で生き残れば・・・後に業績回復する可能性が高いはずだ。

一方でコロナ禍の影響をさほど受けていない企業も、この恩恵を・・ふんだんに受けていることは間違いない。

つまりは・・通常なら倒産しているはずの企業が、コロナ禍のおかげで普段おりないような融資にありつき生き残っているのが今の現状でしょう・・・だからこれだけの景気後退局面でも、企業倒産が抑えられているということなのだろうと僕は思う。

でも、こうして残っている「本来すでにないはずの企業」はコロナ禍が過ぎ去って手厚つかった金融支援がなくなれば、すぐに経営は行き詰まるに違いない。

次にくる時代・・・ポストコロナ時代は、超絶の企業倒産と不良債権問題に直面するだろう・・・2年~3年後におこる出来事としてとえておきたい。

それに伴い・・・合併と・・・M&A・・・など相当増える

政府の支援策が薄くなる前に・・なるべく自分達で立ち上がれるように準備しておく必要がありますね・・・できるだけ早めに・・

さてこんなことを思いながら・・・この新型コロナウイルス感染症をどうするのか??

私達も日々悩みながら・・・営業しております。

何かいい知恵あったら・・・貸してほしいところですね・・

それでは・・・また

頑張ろう日本!

少し世の中が変わってきた??

2月25日現在 まだ緊急事態宣言中ではあるが、少しずつ、感染者数も減ってきた・・・・今年の始まりから感染者が爆発し、1月7日から緊急事態宣言に入り、自粛モードへ・・・・

確かにもうすぐ2カ月になるが、かなり医療の逼迫が緩和され、感染者は急激に減ってきたようにも思える。

先週から、日本でもワクチン接種が開始された。・・・

新型コロナ・・これが進めば・・・終息へと向かうのだろう・・・最近、感染者数の動向も気にならなくなったが、世界は累計で1億1千万人に達している。世界人口の約60人に一人がコロナウイルスに感染した計算になる。

日本では、昨日現在・・・累計感染者は42万人・・・・とまだ世界に比べればかなり少ない。

この規模で、ワクチン接種が開始されたことは非常に日本は大きい・・約3/1の人口が接種すれば・・・当面このコロナウイルスは収まるに違いない・・・さて今年1年でどれだけの数の人々がワクチンを接種できるか・・・

とにかくまだワクチン接種は開始されたばかりなので・・・動向を見守りたい。

変な意味で・・・少しだけ・・・安堵感が生まれている・・・そんな気がする。

さて・・・現在さまざまなニュースが世の中に流れているが・・・最近気になるのが・・大手企業の資本金の減額だ・・・

つい最近では旅行代理店最大手のJTBが、資本金23億円から1億円に引き下げた。同じようなことを以前スカイマークが資本金90億だったのを1億円に引き下げたことがあった。

大手企業も生き残りをかけ、大きな税金対策効果を狙った動きに転じ始めている。旅行業界などは確かに苦しい・・・

GOTO復活がカギになるが・・・果たして・・・

JTBですら中小企業か・・と思うと寂しい・・・一昨年の売上は、グループ全体で楽に1兆円はこえてただろうに・・・・

2021年に入り大手企業も・・・生き残りをかけたサバイバルゲームに突入しているのかもしれない。

いやはや大変な時代だな~

こんな時代だからこそ・・・明るく元気に・・・前に進もう・・・

そんなことを思う今日この頃です。それでは・・・また

本格的な仕事初め

1月12日 新年あけましておめでとうございます。

2021年も新年そうそう東京には緊急事態宣言がでた。GOTOキャンペーンどころではなくなったようだ。

今年は、本当にどうしたものか・・・・時代の先がなかなか見えてこない。

本当に、コロナウイルスの早期終息を願うばかりだ。

だが・・・どの道いつかは必ず駆逐される。

それまで踏ん張るだけだ・・・・今年はそんな思いが昨年以上に湧き上がる。

さて・・・皆さんはお正月にどんな思いで過ごされたのでしょうか?

今年は、初めて・・・たった一人で、神田明神に初詣に出かけた。本当に人手は・・・まばら・・・みんな自粛してるんだな・・・そんな感じがまじまじとした。

今年は、とにかく自分は・・・・・踏ん張る年ですね。

今年もがんばろう・・・日本

なんと早い1年だったことか・・

今日現在 2020年12月21日

今年は、本当に早く感じる1年だった。人生でこんなに早く感じる年は今までにあっただろうか・・・そんなことを思う

今年2月から発生した新型コロナウイルスのおかげで、世界は劇的に変わった。今や新型コロナウイルスの猛威は世界中に拡大し、今や世界感染者は7600万人、死者は170万人にも拡大した。

とうとう日本でも感染者累計は20万人を超えた。来年は、初詣すら皆さんもどうしようか・・・考えているのでは・・・

ようやく12月に入り世界はワクチンを少しづつ打ち始めた。あと1年ぐらい・・・かな・・・この状況も・・・

まだ、1年はかかるだろう・・・ただものすごいスピードで、世界は新型コロナウイルスを受け入れた生活に変わった。

来年の今頃は・・ワクチンを打ってない人は日本にはいないのかもしれないが・・・たぶんオリンピックはまだ無理だろう・・残念だが多分無理だ・・私が生きている間にもう1度東京オリンピックはあるのだろうか??

さて、仕事の方は・・・やはりこの1年は本当に大幅売上減の1年だった。来年は少しは良くなるような気がするが・・・

政府が行ってきた、GOTOキャンペーンもとうとう4日前に、全国一斉中止を決定した。

年末年始の12月28日から2021年1月11日までの間、GoToトラベルキャンペーンの利用を全国で一斉に停止すると発表

一部感染拡大エリアの一時停止でGoToトラベル事業を進めて行くはずだった政府が、急転直下の決断を下したのだ・・

この後、キャンセル料金含め多くのトラブルが発生するのも容易に想像がつく。

やはり・・・アクセルとブレーキを同時に踏むということは、理にかなっていなかったということか・・・・

今や新型コロナウイルス感染者は日に日に、過去最高の数字をたたき出している。本当に全国一斉に初詣すらいかなくなる状況が生まれそうだ。

あと10日で2020年が終わろうとしているのに・・・今年は全く年末感が無い。

一昨日、今年の漢字一文字が出た・・・「密」だった・・・「禍」は2位・・・確かに・・・人々は三密を避ける行動を余儀なくされた。来年は「禍転じて福となる」そんな世界を願いたい。

この1年は、長い歴史の中で、すさまじいインパクトのある1年だった。まさかここまでとは・・・3月の段階では想像すらしていなかった。

 さて、年明けから・・・心配なのは景気の先行きでしょうね

・・・「Go To キャンペーン」事業は夏から秋にかけて飲食観光業界から「客足が戻り始めた」という多くの声が出ていたのもまた事実・・・それなりに景気を下支えする効果があったのは間違いないところだと私も思う・・

さて・・・これが1月11日以降も・・中止にせざろうえない状況が続いたらどうなるのか???

多くの日本人は・・・まず・・・消費を抑えるでしょうね・・私も抑えます。どうせだったらGOTOで得したいですからね・・・

するとどうなるか??・・・・経済にはどう考えてもマイナスの乗数効果が生まれるに違いない・・・たぶん・・・「もうダメだ」・・っていう飲食・観光・宿泊・リゾートなどの人々が白旗を上げる・・

来年早々から、倒産件数が右肩上がりになるのだろう・・・せっかく今年・・給付金や銀行融資などで生きながらえた企業が、どんどん死んでいく。たぶん・・リーマンショック時よりも倒産件数が増えるのが来年2021年だと私は思います。

その上・・・「東京オリンピック」も中止になるようなことがあれば、日本経済に大打撃を与える・・・オリンピック需要に備えて投資してきたホテルなどはもうアウトですよね

また、なぜか・・・今は円高だ・・・日本より世界が苦しいからそうなっているのか?? 大手を除く輸出関連企業はやはりアウト!

これらのことが・・・同時にやってくる2021年が、もうすぐ始まる。史上まれに見る大失業時代の陥る可能性は十分ある。

じゃ・・どうすれば・・・って思いますよね・・・

難しいですが、「お金を刷る」んでしょうね・・・そしてとにかく生活できるだけのお金を「ばらまく」んでしょうね・・

雇用に対しては・・・もっともっと雇用調整助成金を手厚くして、企業の雇止めを行うしかありませんね。

そうしないと・・・自殺者が増える

とにかく・・・・ワクチンが1億3千万人に行き着くまでは、この方法が無策ではあるが・・・正しいような気がします。

あとできれば・・・一旦・・消費税を減税するんでしょうね。財源が持てばの話ですが・・・これは無理かな?

とにかく・・・世の中は人が動かないと・・お金が回らない仕組みになっているから・・・コロナは怖いが・・・人を動かす施策はやはり必要なんですよね。

その意味でも・・・「GOTO」を止めるのは、本当は危険なんですけどね。「菅総理」も最後まで抵抗してたんだろうけど・・・止めましたからね。

ある意味正しい・・・と思う反面・・・たぶん失策・・

また、メディアは・・・菅政権のコロナ対策の失敗・・・みたいな記事がいっぱい出るんだろうね・・

本当に難しい局面・・将棋でいう「王手飛車取り」・・でも実は・・飛車を捨てるしかないんですよね。

さて・・現政権には、どちらが王でどちらが飛車かを・・きちんと見極めてほしい・・・

2020年の年末にして・・・そんなことを思う今日この頃です。

来年は皆さまにとって良いお年でありますように・・・心からお祈りいたします。

「良いお年を・・・」

アメリカ大統領選で思うこと

今回の大統領、民主党のバイデン氏に当確が出た。

トランプ大統領の4年間がが間もなく終わりを告げる。アメリカは、4年前のオバマ大統領の行き過ぎた「自由」を嫌い。共和党のドナルドトランプを大統領にしてしまった。

この4年間、確かにトランプ大統領は、公約をかなり実行したのもまた事実である。

「アメリカファースト」を掲げ、アメリカを建国した「忘れられた人たち」の仕事を増やし、株価を過去最高に上げ、経済をかなりの勢いで建てなおし、公約通りメキシコとアメリカの国境に壁を作った。そういった公約を実践したのも事実である。

しかしながら、グローバルゼ―ションは終わりを告げ、世界が内向きになった4年間であったと私も思う。トランプ大統領は、オバマ大統領がやってきたことを否定するところから始まった。

オバマケア(国民保険)を廃止し、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)からの離脱に始まり、2019年にはパリ協定≪地球温暖化会議)の離脱、極め付けは、WHO≪世界保健機関)からの脱退・・・など世界平和からほど遠い状況となっているのもまた事実である。

選挙報道を見ていて、やはりトランプ人気はすごかったと言わざろう得ない。ある時まで、再選する様相さえ見せていた。

しかし今回の選挙結果は、トランプ大統領にとっては、皮肉な結果になってしまった。

共和党優勢のアリゾナ州を落としたことが大きかった。落とした原因は、たぶんこれに尽きる。トランプ大統領は、アリゾナのフェッニッスに「AMAZON」を初めととする、数多くのハイテク企業を2018年に誘致した。

そして、次世代のエネルギー自動車を駆る最先端のテスラモータースの巨大工場をアリゾナに誘致した。

たぶんこの結果、アリゾナには、民主党よりの人間が相当数、増えたということだろう・・・

「AMAZON」や「テスラ」を初めとするIT・ハイテク企業のCEOは皆、民主党よりだ。負けるべくして選挙に負けた州である。

そしてまた、五大湖周辺のペンシルバニア州・ジョージア州・ウイスコンシン州などは、前回トランプさんにいれた州だがこれらの州をトランプ氏はことごとく落とした。

これらの州の人たちが、2016年に語られた「忘れられた人達」と言われた白人労働者が沢山いる州である。

前回の選挙では、今でも覚えているが、トランプ氏が大統領選で話をしていた、言葉を今でも鮮明に覚えている。

「私は、昔の友人や仲間が、苦しんでいるのを見てられない」だから大統領になると言っていた。

実際この4年間は実行したのだろう・・・メキシコにあった工場などをアメリカ国内に戻しかなりの雇用を生んだ。トヨタですら、メキシコに新工場を作る計画を、一時保留にし、アメリカ経済の復興のためにかなりの雇用をしたと記憶している。

それによって・・・「忘れられた人たち」にも仕事が回っていたはずだったが・・・今回の選挙結果を見ると・・・期待していたほどではなかったのかもしれない。

ただ、今回バイデン氏が、まず間違いなくアメリカ大統領に就任するだろう・・・すると、民主党は、また、アメリカがこの4年間取り組んできた、「アメリカファースト」をやめるはずだ。

また、世界には、グロール化の波が押し寄せるはずだ。さらには、再度TPPへの加入や、パリ協定への復帰、オバマケアの再開、などなどトランプ氏がやったことを、ひっくり返すに違いない。もしかしたら、メキシコの国境に立てた「壁」すら壊しかねない。

んーーーなんて無駄なんだと思う反面、もしかしたら4年間の「カオス」が終わったのかもしれないと思うこともある。

ただ、今回残念ながら・・・「忘れられた人たち」は民主党政権になることで・・・「もっと忘れらる人たち」になるはずだ。

そこは非常に残念だが・・・そうなる。

忘れられた産業は、復活しない。新たな産業を民主党政権は誘致すべきなのかもしれない。

日本的に見ると・・・確かにトランプ大統領の方が良かったという意見もあるが、果たしてそうか・・・

確かにトランプ氏は超一流の経営者だったが、政治家ではなかったのかもしれない。

もしも、トランプ大統領が続投していたら、韓国のアメリカ駐留部隊を全部引き上げたかもしれない。それは・・・非常に危険なことだ。日本にとっても、韓国に米軍隊が駐留しているのとそうではないのとでは、安全面で雲泥の差がある。

それでなくても・・・今・・・この瞬間も尖閣諸島(せんかくしょとう)は、危ない。・・中国船が過去最高にやってきている。

民主党政権は、韓国を撤退させることはないだろう・・・もしかしたらドイツの米駐留部隊すら、12000人の削減をすると今年の7月に言っていたのを取り消すかもしれない。

まだ・・・新型コロナウイルスの関係で、世界的に鎖国状態は続くのだろうが・・・アメリカに民主党政権が誕生することで2021年からはこれまでの4年間と全くが逆の4年間がやってくるのだろうー

さて・・・ここからはまた、新たな方向に世界が動き出す。中国の脅威は変わらないが・・上手く対話の方向へ動きだしそうなそんな予感がする。

さてどうなることやら・・・

そんなことを思う今日この頃です。

それでは・・・また

もうすぐ10月 

9月25日現在・・・本日、何年かぶりで、静岡の御殿場に来た。新宿バスタから、初めてバスに乗ってみた。

まだ・・・コロナの影響かバスに乗っている人は、まばらだが、ようやくすこしずつではあるが、コロナの影響が薄らいできた感がある。少しづつだが観光地に人が戻りつある。

宿泊したホテルは、http://www.the-gotembakan.com/

gotenbakanというホテル・・・通常だといい値段がするホテルのようだったが、GOTOキャンペーン対象で、1泊4000円だった。非常に安い。

ホテルもまだまだ宿泊客はそんなにいないようだったが、GOTOキャンパーんを利用すると、かなり安く宿泊できることが分かった。

皆さんもぜひ、この機会にGOTOキャンペーンは利用すべきだ。

来月10月から、本格的に東京も対象になり、かなりの効果がみられるのだろう・・・確かに安さは実感できる。

国は様々な経済対策を打ち出しているが、やはり、実際に使う人たちにいかに伝えるかということが・・・大事だ。

まだまだ・・・知らない人はいっぱいいる。一度、体感すると。この。お得感は捨てがたい。

このGOTO・・・が・・・もっともっと国民に認知されれば、意外と経済回復への起爆剤になるのは確かだろう・・・

ただ・・・まだまだ・・・本格的景気回復はほど遠い。ここから、2年から3年は回復にかかるのだろう

現在世界のコロナ感染者数は3200万人 死者数は98万人で日本の感染者数は8万人 死者数は1500人

そろそろこれらの数字も気にならなくなるぐらいでちょうどいいぐらいなのかもしれない。

さて、世の中は・・この数か月で、働き方がテレワークへと大きく変わった。開始当初は、たぶんどの企業も効率の悪さに四苦八苦していたことだろう・・しかし徐々に考え、改善し、何とかスムーズに仕事ができるような体制まで来ている企業が多いのではないだろうか?

今後・・まだまだこのテレワークの働き方は進化するはずだ・・思っていた以上に人々のテレワークに対する働き方の対応スピードの速さに正直・・・驚いている。

当社も、オンライン化のスピードをさらに上げなければならない。オンラインは効率化を最大化してくれる。

来年は、営業手法がすべてオンラインになるかもしれない。

そんなことを考える今日この頃です。

それでは・・・・・また

 

最近の世の中は・・・

この9月に入り、めまぐるしく世の中が動いている。

9/14には菅総理大臣が誕生した。賛否両論はあるが・・さてどうなるか・・・たぶんこのコロナ禍の中で、早期の解散総選挙をやるようなことは多分しないだろう・・その当りは、冷静に判断できる人物のようなかがする。

今現在時点で、今年の倒産件数を調べると・・実は昨年より・・少ない。

給付金や助成金など・・・そして銀行の貸付対策等・・・4月・5月で行った対策が功を奏しいている。

少なからず・・・生きながらえた企業はたくさんあるはずだ。政策は間違ってなかったということだろう・・

しかしながら・・・最近・・・世の中の自殺者が増えている。有名人を初めてとして・・・なんとこの8月1か月でだけでも1800人を超えている。今年の自殺者の累計が・・・13100人である。

どうだろう・・1日に平均60人の人間がこの日本で自殺しているのである。この数字は、コロナの重症患者が死亡する率の何倍にも匹敵する。

そう考えると・・今年の3月・4月によく経済学者が行っていた、コロナでなくなるどころか自殺者が多くなると言っていたことが現実味を帯びてきている。

失業率と自殺者数には相関があるのは間違いない。

2008年に発生したリーマン・ショックで、世界がパニックに陥った年の2009年の失業率は5.1%に跳ね上がった。そしてその年の経済や生活苦による自殺者も8377人だった。累計では約32000人だった。1日約87人

しかしながら・・・今年2020年の累計自殺者数は、8月までに13000人をもうはるかに超えている。

1日平均54人である。徐々に増えている。

やはり経済を一旦止めたためにの影響が出ている。

そしてまた・・・最近・・・農家の野菜や、家畜の盗難被害が多発している。

先日、・・・高級シャインマスカットを、盗んだとして・・ベトナム人の女性2人が捕まった。

やはり企業は、苦しくなると、外国人から解雇する傾向が強い。解雇された外国人は、特に再就職は難しく・・・このような犯罪に走る人たちも・・・少なからずいる。

このような軽犯罪は非常に多くなってくるのは、自然の理だ。

とにかく、アベノミクスで膨らんだ雇用が・・・このコロナによって急激に萎んだ・・・いや・・・破裂してしまった・・といってもいい。

職を失った外国人・高齢者の人々・パートタイマーの主婦層など仕事がなくなった人が世の中にはかなり多い。これらの人々の雇用を再復活させるには、しばらく時間がかかりそうだ。

なんせ・・・世の中の9割の企業は減益になっているのだから・・

年末にかけ、さらに失業者は増えるのだろう・・・もしかしたら・・・いつぞやの民主党政権時の年越し派遣村のようなことにならないと良いのだが・・・

もうコロナはなくならない・・・政府はコロナ対策と経済を両立することを摸索しているようだが・・・両立は難しい・・決して不可能ではないかもしれないが・・・

今、必要なのは・・・スピードだ。これ以上経済が死んだら・・やはり違う意味で沢山の死者が出る。・・経済の立て直しが急務だと私は考える。

コロナとの天秤にかけるようなことではないのかもしれない。

現在の世界でのコロナ感染者数は2935万人 死者数は93万人である。たぶん、中国の隠避している数字を加えたらもう感染者3000万人 死者100万人は軽く超える・・・はず・・

日本では現在75000人感染 死者数は1451人である。日本の医療従事者の方々がものすごい頑張っているのだと思うが、・・・たった1か月の自殺者数がこのコロナ死亡者数の1451人よりはるかに多いということだ。

さてこの数字をどうとらえるか・・・ここから政府がやらなければならない戦いとして「自殺者を増やさない対策」これを本格的に考える時期が来たようだ・・

とりあえず、新しい政権には、ここを最優先に取り組んでもらいたい。

そんなことを思う今日この頃です。

それでは・・・また・・・頑張ろう世界!

 

8/3 新型コロナウイルスは・・・

約2カぶりにブログを更新しました。

やはり、前回から2カ月・・・たった今、世界の感染者数は1750万人になり、死者も65万人になった。日本でも8/3現在、約4万人になり、今日 月曜日の段階で、東京での感染者数も260人だ・・おそらくは今週末は東京の1日当たりの感染者数は500~600人の間になるのだろう。

なんとも・・・予想はしていたが・・・やはり経済を再開すると確実に感染者数は増える。仕方のないことなのだが・・・残念だ。

GOTOキャンペーンがスタートし地方でも感染者が拡大しつつある今の日本ではあるが・・いつまでもスティ―ホームでは、お先真っ暗になる。

何が正しくて・・・何が悪いのか・・・判断に迷う・・

しかしながら・・・私は・・・やはり「ロックダウン」は失敗だったと思う。では。スエーデンやブラジルが正しいのか・・と言われるとそれも難しい・・・ブラジルの死者数は、今やアメリカに次ぐ世界第2位である。

ウイルスの封じ込めが失敗した以上・・・次なる対策は・・・ここが今は難しい。政府も対策を打ち出せないでいる現状はなんとなくわかる。最近は安倍総理のメディアでの発言もめっきり減った。

さてここからは・・・以前にもブログで書いたが、「コロナウイルス」はなくならないことを前提にして生きていくことなのだろう・・・

多分、世界のコロナ感染者数は、間違いなく億という単位になる。あきらめるわけではないが・・こればかりは止めようがない。

ここから・・・有効なワクチンが開発されるまでには数年はかかる。もしかしたら、10年以上かかるかもしれない。

ただ・・・こう考えるのが正しいのかもしれない。人間は生きている限り必ず何らかの病気にかかる。

やはり「癌」になったら・・・死ぬ確率ははね上がる。たぶん今後、コロナウイルスも「癌」のような存在になるだけのことだ・・感染したら・・・できるかぎり重症化しないようにするだけのことなのかもしれない。

生物が「生きる」ということはそういうことなのかもしれない。

確かに・・・スティホーム・・これを行えば・・・感染者は減るるだろう・・・

ただ・・・「貴方は生涯、家から出ないで死んでいくんですか・・」・・・「この先どこにも、旅行もせずに死んでいくんですか?」・・「全く人と接触せずに生きていくんですか?」・・「もうレストランで食事などの楽しみはなくてもいいんですか?」・・

私の答えは「NO」です。

大事なことは・・・人々の一人一人が、できるかぎりコロナウイルに注意しながら・・普通の生活に戻していくしかない。

政府がやらなければいけないことは、重症患者が出たときの受け皿を作ることだろう・・多分今は、やはり医療崩壊を起こしかねない懸念が・・・あるのが政府も各県知事の皆さんも不安なのだろう・・

すると政府がやることは・・・日本総人口1億3千万人の内、10人に一人、1300万人の医療の受け皿を、現在の医療と並行して、できるように構築すればいい・・・のだと思う。

ただこれが・・・難しいのだろう・予算・人材・期間・法案・・様々な難問がある。でもこれができていれば意外と怖くない。

普通に生きていけるような気がするのは・・私だけじゃないだろう・・

そんなことを思う今日この頃です。

それでは・・・また・・

 

 

新型コロナはこの先っどうなる???

5/22 現在  世界の新型コロナウイルス感染者は500万人を超えました。そして死者も33万人に上る。

そして、日本でも感染者は1万6000人になった。

だが、世界はロックダウンを解除し、徐々にではあるが経済が動き出した感がある。日本でも、東京・千葉・神奈川・埼玉・北海道を除く全県が、緊急事態宣言の解除に踏み切った。まもなく東京も解除されるはずだ。

たった3ヶ月で・・・・世界は劇的に変わった。そしてここからまだまだ変化するに違いない。

「新型コロナウイルスと共存する世界」これが今後のテーマなのだろう・・

ただ注意しなければならないのが・・・リーマンショックのような不況とは違うということだ。

リーマンショックの場合は、最初に金融崩壊から始まった。その後、大企業が悪くなり、最後にそれに紐づく中小・零細企業が悪くなり、一般個人の消費が冷え込んだ。

しかし今回の不況は違う。最初に消費の冷え込みから始まり、小売店・零細企業・中小企業・大企業の順番で悪くなった。まだ金融崩壊にはなっていないが・・・・

世界が体験したことのない形で・・・大不況へと突入している。

企業の倒産件数も 2月は634件 3月は744件 4月は758件・・・しかし5月22日現在倒産件数はまだまだ増え続けている。

今年の倒産件数は1万社は楽にこえるのだろう・・・まだまだ、不況の入り口である。失業者も・・300万人を超える予測が出ている。

アメリカのように・・・シングルマザーの人たちから職をうしなうのだろう・・子供を抱えたシングルマザーは本当に厳しい。保育園などに預けられなくなり・・仕事ができなくなる。政府はここを何とかしなければならない。

ついこないだまでは・・・圧倒的売り手市場で・・究極の人材不足とまで言われていたのに・・・この先は…大失業時代への幕開けとなった。大変な時代に突入したものだ。

たった3ヶ月でここまでかわるとは・・・生きていると何が起こるか本当に解からないものだ。

ここからは起こることは・・・何となくわかる

多数の企業倒産から失業者が相次ぎ・・・消費が冷え込む・・お金が回らなくなり・・・高価な商品や高価なサービスは売れなくなる。・・・・するとやはり、従業員の賃金が低下する。逆スパイラル経済へと、入いっていくのだろう・・・

いつか来た道・・・デフレ経済へ逆戻り・・・また、派遣社員やアウトソーシングの時代になるのだろうか???

今回は、経験したことのない不況を1年~2年耐え抜かなければならない。

ここから・・・犯罪や自殺者が増えないといいが・・・コロナに感染したくはない。でもお金が回らなければ・・やはりだめだ。

ここからは・・・完全にコロナウイルスと共存をしながら、生きる世界になるのだろう・・・そしてそれが普通になるのだろう。

今、テレビドラマなども・・・再放送ばかりやっていて面白くはない。

テレビ局は、思い切って・・・このコロナの世界を反映したドラマを作ってもらいたい。リアリティがある。

例えば、学園ものでも・・・生徒は皆・・マスクをしながら授業を受けていて・・机の間隔がある程度空いている。そして一部オンライン授業になったり・・その中で、青春があり、恋愛があり・・そんなテレビドラマ早くでてこないかな・・

また刑事ものでもやはり・・・刑事でもマスクをしていて・・それが当たり前のことで・・・犯人すらマスクをしている。そして常に、コロナに感染しないようにドラマの中でも予防をしている・・・

のような・・・そんな時代を映したドラマが多くなってきて、それが当たり前の日常になってくると・・・平時を取り戻すのかもしれない。

そんなことを思う今日この頃です。この2020年は将来・・必ず世界史や歴史の教科書にのるだろう・・・

ここから人類はウイルスを駆除するのではなく共存する道を選ばざろうえない・・・・「コロナウイルス」は友達・・・そんな未来が待っている。

残念だが・・・もう戻らない。

変化に対応して生きていこう・・・それでは・・・また。

 

4/28 コロナはまだまだ続く

今、4月28日現在・・・PM9:00

前回のブログから13日ぶりに書く・・・ とうとう全世界で300万人の感染者に増えた。ざっと・・・たった2週間で感染者が100万人増えた計算だ・・・死者もすでに21万人になった。

本当にパンデミックは恐ろしい・・・・

アメリカでは、すでに98万人の感染者だ・・・100万人超えるのも時間の問題だ。

なんと・・先日・・トランプ米大統領は・・・記者会見でこんなことを言っていた・・・

「消毒液は1分でそれを撃退するのだから、消毒液を体内に注射することはできないだろうか、クリーニングするような感じで」

全米の医療関係者から全否定された。

私も・・・・もっと冷静になった方がいいそう思う。アメリカ大統領は、、世界のリーダーでなければいけない。

安易な発言は・・・まずい。人々の希望を消すような発言だ・・本当にある意味・・・すごい人だ。

2週間で感染者が100万人増えた・・・・たぶん世界で感染者は1000万人超えはもう・・・間違いないだろう・・

日本も現在1万3千人まで感染者が増えた。今日現在の死者は、351人になった。今月の初め4/1の時点では57人の死亡者数だったが、27日たった今日現在で約300人の死者が出たということである。平均1日10人の死亡だ・・・これが多いのか・・・少ないのか・・・

日本はPCR検査数が少ないので・・・たぶん実際の感染者は、他の諸外国を比べれば・・今の10倍はいるのかもしれない。

コロナはたぶんまだまだ・・・・続く。

今日・・・久々に外出しなければならなく巣鴨まで行った。実は少し驚いた・・・思ってた以上にまだまだ・・・人が多かった。

現在まだ・・・営業しているパチンコ屋もある。なんと信じられないことに・・・まだまだ開店前のパチンコ屋に人が並んでいる。

「自粛」の限界点が見えた感じがする。

本当に残念だ・・・しばらくこのままの状態が続くのだろう・・・医療崩壊はまずがれないのだろう・・一体どれだけの死者数になるのか・・・

この2020年は一体どれだけの中小・零細企業が倒産するのだろう・・・考えると恐ろしい・・・当然大量の失業者がでるに違いない・・・

アメリカでは2000万人の失業者が出ている・・・・この失業者の人たちが・・・上手く医療関連に回るような画期的な施策があれば・・・そんなことを考える・・・

ただ・・・いつか・・・1年先・・2年先には、コロナウイルスは駆逐される。

・・その時は・・以前のような世界には戻らないのだろう・・

コロナウイルス終息後・・・を、今考えてもしょうがないのだが・・・この1年・2年で・・・オンラインという世界に変わるのは間違いない。

例えば・・・会社の帰りに皆で居酒屋び行く・・・こんなことが、オンライン飲み会などの普及で・・・たぶんかなり少なくなる。またテレワークが加速して・・・人と接しない営業方法に変わるのだろう。いろんなものが変わる・・・

だからコロナ終息後でも・・・もとの経済には戻らない・・こればかりは残念ながら・・・断言できる。

今・・・世界は変わり始めた。

そしてここから・・・まだまだ大いなる変化があるはずだ・・・・このコロナを皮切りに、時代の大転換を迎えるのだろう。

とにかくコロナウイルスを何とか、世界が協力して乗り切らなければならない。

残念ながら・・・コロナはまだまだ続く・・・そんなことを思う今日この頃です。

それでは・・・また

頑張ろう日本! 頑張ろう世界!

 

 

 

 

 

 

No pain, No gain