国のマイナポイント DX化をちょっと考えてみたい

皆さん・・・マイナポイントで20000円分、もう貰いました???

国は、ただで・・・2万円くれるわけですから・・絶対やった方がいいですよ・・

https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/ マイナポイント

今年の2/末までに延長されました。ただ・・マイナンバーカードを作ってない人は、作ればすぐ申請できてもらえます。

僕も・・・すでにポイントを貰って、PAYPAYでよく買い物してます。スマホで決済してる人は、ただでお金増えた感じですよね・・

ただ・・・そうしても・・・今のぼくと同世代の人や僕より年上の世代の人たち・・・いわいる昭和の時代の人達・・・・

なかなか・・・キャッシュレスって難しいんですよね・・マイナンバーカードの申請までは、市役所に行って作ると思いますが、そのあと、マイナポイントを貰うために、まず、キャッシュレス決済サービス・・これができない。

代表てきなのだと以下のようなもの

  • Amazon Pay.
  • LINE Pay.
  • d払い
  • PayPay.
  • 楽天ペイ
  • au PAY.
  • FamiPay(ファミペイ)
  • メルペイ

これらどどれかに入っていて・・・尚且つ・・・使い方が解からないと意味がない・・ってところに大きなハードルを感じます。

先ほどの昭和のおやじは、未だに現金払い多いだろうな・・・

DX化と叫ばれる、この世の中で、ここについていけないと、ここからものすごい金額を損している現状に陥るようになってくるんだよね・・

政府は、マイナンバーカードを作らせることで、20000円(ポイント)をあげて、使ってもらい景気を回そうとしているんだけど・・ちょっとハードル高いかな・・・まだ??

前回・・・コロナで給付金を貯金する人がおおくて・・お金回らなかった反省ですかね??

とにかく・・・頑張って・・・僕たち昭和の人間もついていかないとダメなんですよね・・・やっぱり

この先・・・買い物に・・・現金を使う・・人の割合は、極端に減っていきます。もっというと。2030年の未来には現金使えないような未来になってるかもしれません。

ですから・・・今・・この支払い方を覚えることなんですよね・・大事なことは・・・

とにかく・・・覚えないと・・・損します。国はこれをもっと目立った言い方で告知すればいいんです。

とにかく・・・「損するんです」・・・

だから早く覚えましょう・・・早くマイナポイントを貰いましょう・・

そんなことを思う今日この頃です。

それでは・・・また

最近よく考える。日本が世界から取り残されていく

最近、弊社のクライアントさんが拠点が1つ増えるのでインターネットを手配してほしいという話があり、インターネットを手配したときの話です。

NTTのフレッツ光を引いて、普通に市販のWIFIルーターで接続ました。普通に80Gぐらいでていて問題なかったのですが、ある大手企業が本社と連携するVPN接続に変えたところ、インターネットが極端に遅くなりました。その企業がいうのには、まず、NTTの回線(ONU)に不具合があるから遅くなったと言います。

検証を求められ、弊社では、その企業さんのルーターを外し普通につなぐとやはり、速度は問題なくでました。やはりVPNでつないだから遅くなったとおもいました。すると次にその企業さんは、接続の問題でIPV4ではなく自社のIPV6にプロバイダを変えVPN接続してましたがそれほど変わりません。

一生懸命、速度が遅くなる理由を他に求めてましたが、基本的に、今の時代、通常VPNで本社や拠点を繋いだら、そこまで一旦見に行くので遅くなるのは当たり前です。

ただ、動画やWIFI・ZOOM会議などが当たり前の時代です。速度がある程度でないと仕事になりません。

最近よく思うのは、このクラウド全盛時代に、今更、VPNを提案する企業体質に問題があるように思います。なぜなのでしょう・・

やはりVPNでつなぐことで、新しく機器が必要になりそのぶん、コストが跳ね上がり、作業が必要になります。そこでお金を取れるからですかね。

クラウドを提案したら、たぶん工事が必要なくお金があまりとれないからでしょう・・・かね

例えば、電話機 ビジネスフォンなんてのもあります。電話工事会社は、配線などの作業をしてお金をもらいます。

今は、クラウドPBXなど、クラウド上にビジネスフォンの仮想主装置が置いてあるような仕組みがあり、配線などは不要で電話が引ける時代です。

https://business.ntt-east.co.jp/service/pbx/ NTTクラウドPBX

ですが、やはり作業が発生しないと・・配線を引いたりしないと工事会社はお金を取れないので、誰も、新しい仕組みをお客様に提案しまないんですよね。

確かに・・・食べていかなければならないので・・わかんなくもありませんが・・・

本来は新しい、便利なもの提案して、ビジネスをしていかなければ進歩がないのですが・・・古い技術を提案しないと儲からないということなのです。(ただ・・・頼む側は、それが良いと言われれば従いますよね・・)

このあたりの考え方が、今の衰退した日本を作ってきたのかもしれませんね。

古くは、世界のインターネット回線がADSL回線になっていった時代に、わざわざ、NTTはISDN回線を一回普及させて、それをまたADSLに変えていったと記憶してます。

やはりここにも・・一旦ISDNで利益を確保し、ADSLに移行して利益を確保する・・ような方法でした。そして今はそれがさらに光回線になってますが・・・

このISDNを普及させた時間だけ世界のインターネト市場から遅れていったはずです。日本にADSLが普及していたころ、韓国はすでに光回線でした。

こんな話はほかにもあります。

昔、ステーブンジョブズが、日本の凄い企業としてよく、ソニーの名前を上げてました。

本来、ソニーが世界で初めて、i-PODのようなデジタル音源にした技術を出さなければいけなかったと思うんですよね。しかしCDの時代から・・・わざわざDVDを一旦普及させたんですよね。

そうしないと、音楽業界などが、CD販売から、急にデジタルになると食っていけなくなったのでしょう・・・(仕事が無くなったんでしょうね)

だから・・・わざわざ・・DVDを普及させたんですよ・・・でも世界は、CDからデジタル音源に足早に変わっていったのです。

そして登場したのが、アップルのi-PODです。

iPod』と『iTunes』は世界のスタンダードになっちゃいましたよね・・ソニーの「ウオークマン」が逆転されるわけです。

その後、日本もこの方向に音楽業界も変わっていくのですが・・時すでに遅し・・でしたよね。これが・・・わざわざ・・DVDを挟まなければ・・・今でもソニーだったかもしれません。技術的にはソニーがどこよりも早く持っていたわけですから・・・

このように・・・わざわざ・・・一旦利益確保するために・・のようなことをやったがために・・日本は急速に世界からおいて行かれたのだと私は思います。

そして今また、テスラのイーロンマスクが手掛ける、SpaceX社の衛星ブロードバンド『Starlink』「スターリンク」が世界を変えるはずです。衛星を使ったインターネット技術です。コスト的にも非常に安く月額6600円だったと思います。速度もそれなりに速い・・

スターリンクは、空が開けた場所ならどこでもインターネットが利用でき、光回線や携帯電話の電波が届かないエリアでもネットに接続できます。

配線は、一切不要で、アンテナ機器はどこへでも持ち運びが可能なのです。

確か・・・KDDIが提携すると聞きましたが・・・

https://www.starlink-au.jp/

例えば・・・今まさに・・・世界はこの衛星技術に移行しようとしている一方で・・・日本は総務省の指導で、楽天モバイルなどは、アンテナの基地局が足りないといわれ、基地局をせっせと・・モバイル事業が大赤字になりながらも・・・国から言われるからしょうがなくやってるわけです。

多分、基地局を予定数作り終わった時に、世界はこの技術が席巻していると思いますよ・・

確かに・・・この瞬間に一切配線が必要ないものがやってきたら・・工事会社は、食っていけなくなります。

ですが・・・歴史を見てみると・・必ず・・・新しいものに変わっていきます。仕方がないことだと私は思います。

また、ここで、乗り遅れると・・さらに世界とは大きな広がりになってくると思います。

国は・・・異次元の少子化対策もやDX化とかいろいろやってますが・・このあたりを踏まえた動きがもっと必要ではないかと思う今日この頃です。

それでは・・・また

2023年 新しいビジネスに挑戦してみたいと思います。

今から、かれこれ30数年前に、私は初めて海外で生活したときのことを時たま、思い出します。

初めての海外での生活・・今までの自分を変えたい一心で、仕事もやめて・・・・・恐怖と不安にさいなまれながら、オーストラリアへ向かったことを・・・

海外で本当に生活できるのか・・・病気になったらどうしよう・・・友達はできるのか・・・知り合いも頼れる人も誰もいない・・怖くて怖くて・・不安だらけで・・まるで、ロールプレイングゲームにでも参加でもしているような感覚でした。

しかしながら、海外で、1日1日を過ごしていくうちに、不安が、少しづつなくなっていったことを今もまじまじと覚えています。

そして、不安が自信へと変わっていったことを・・・

初めての英語・・・初めての海外での仕事・・・初めての外国人の友達・・・すべてが初めてずくしでした。

電車に乗るのも・・・本当にそこに到着するのか?

買い物1つ取っても・・・本当に英語が通じて・・ものを買えるのか?

でも・・・それができたときの達成感は半端ではなかったことを今も覚えています。

オーストラリアに1年いました。そしてそのあとニュージーランドでは、ヒッチハイクで100台以上の車を乗り継ぎ、旅してまわり、1周しました。

そして、次にアメリカに渡るのです。そうして僕は、世界38カ国の国々を渡り歩きました。

足掛け4年 世界を旅しました。

今の自分を支えているのは・・・この時の経験です。この経験は一生涯でものすごい財産になりました。

何が・・・ってよく人に聞かれますが・・・

まず・・・やっぱり英語がわかるようになったのはものすごく大きかったですね。話せなくても・・・解かるってことは大きいんです。

それでいろんな国の人と話せたのですから・・

次に・・・どこに行っても・・自分はもう・・・大丈夫って思えるんですよね。たぶんできるって・・・

そして、何より・・・自分は今のすべてを無くしても・・・やり直せるって・・・思えるんですよね。

これって・・・すごく大きなことなんだなって・・・そこから十数年後にわかるんですが・・・

常に0ベースに戻れる自分・・・不安や恐怖は今でもあります・・・でも大丈夫って思えるんですよね。

これは、やはり海外で生活できたからなんです・・・たぶん

ここで、標題に戻りますね

今年2023年から、新しいビジネスを始めます。今年で10年目になる、タイ・バンコクにネットオプションアジアという会社があります。早いもので・・・今年で10年目を迎えました。

この会社を利用して、タイ・バンコクに留学する日本人の若者をサポートするビジネスを始めます。

私が、実感した・・・もうどこに行っても大丈夫・・・っていう感覚を今の若者に実感してほしい・・・そんな思いから・・・初めようと思いました。

今の日本は、世界から大きく遅れだしました。

私が若いころは・・・それこそ「JAPAN アズ  ナンバーワン」の時代です。

今の日本に必要なものは、やはり本当の世界に通用する力のような気がします。

1度でも海外で生活したことのある人とそうでない人には、グローバルな世界において大きな開きがあると思えるのです。

そして・・・スマホや翻訳機など様々な文明の力ができた今の世の中であっても・・・「英語は世界のパスポート」・・この言葉は多分今でも全然通用すると思います。

英語を覚えることで、世界中の人と話せるってことは・・実は本当にすごいことなんです。

だから・・・今の若者にはまず・・・海外で生活してもらいたい・・そして英語を話せるようになってもらいたい・・・

そんなことをから・・・この新しいタイ・英語留学ビジネスを作ってみました。

日本の未来を明るく・・・そんなことを思う今日この頃です。

それでは・・・また

時代の濁流に飲み込まれるな

2023年・・・・ロシア・ウクライナの戦争・・コロナ・・円安・・・物価上昇・・・この混沌とした時代の渦の中でどう立ち回れば良い結果を得られるか・・・

とにかく時代の波にのまれないことだと僕は思います。

昨年は危うくこの波にのまれそうでした。

ふー危ない・危ない・・・て感じでした。今年はたぶん・・・もう飲まれるようなことはありません。

やるべきこと・・・挑戦すべきことが・・・うっすらと見えてます。とにかく全力で・・・そこに取り組みます。

この時代・・・うっすらと見えているものをよりはっきり見に行くことが大事なのかもしれません。

多分・・・この令和の時代の流れは信じられない速度で進むはずです。人々の価値観が大きく変わるはずです。

昔でいえば・・・人々が東京を目指し集まってきました。なぜなら東京はすべての日本経済の根幹だったと思います。それはなぜか・・・東京の品ぞろえはNO1だった。東京には巨大店舗があった。そして何より東京には1300万人もの人がいる。東京発●●●●・・これが当たり前でした。東京一極集中が当たり前でした。

ですが・・・今、最も人がいる場所はインターネットです。最も巨大な店舗はインターネットです。最も品揃えがあるSHOPもインターネットです。

これが何を意味するか分かりますか?

令和の時代は、今までの価値観が崩れ落ちる時代のはずです。

例えば・・・東京でなくても仕事ができるということです。もっというと会社ではなくても仕事になるということです。

昔の。。。ドコモのフレーズではありませんが・・・いつでも・・・どこでも・・・誰とでも・・・仕事は可能な時代なのです。

1つの会社に勤めあげるような価値観もなくなるでしょう・・・そして1つの場所に住み続けるという価値観も薄れていくはずです。

そしてまた・・・現金が必要ない時代に急速で進んでいきます。

こんな時代の著しい変化の中で、人々がどう立ち回り変化していくのか・・・大変興味深い2023年だと僕は思います。

それでも・・・僕はもう迷うことはないと思います。必死に時代についていき・・・やりたいことをやるだけでです。

そんな思いで2023年をスタートしました。

本年も皆様がんばりましょう・・・

それでは・・・また。

新年あけましておめでとうございます。

今日1月16日 今年は、例年とは違うスタートを切ってます。

というのも、昨年、左足踵と足首を骨折し、ようやく松葉杖がなくても歩けるようになりましたが、毎年お参りしている、神田明神には、こと非は15年ぶりに行きませんでした。まだ、左足が思うように動かすことができず、まだ階段がきついですかね・・・

完治までには、もう少し時間がかかると思います。まだ、クライアントの皆様にはご迷惑をかけっぱなしで・・・早く復活しますのでしばしお待ちを・・・て感じですかね!

話しは変わりますが、今年は、コロナから丸3年がたち、世の中の人々もだいぶいい意味で慣れたのでハニでしょうか?

ですので・・・僕も今年は、新たなことを始める年と位置付け、仕事に万進したいと思います。

とにかく3年間放置してしまったバンコク支社に今年は行きたいと思います。

そして・・・早く・・・立ち直れるよう自分の足で歩こうと思います。昨年、アントニオ猪木が亡くなりました。

アントニオ猪木の「道」の精神を貫き通してみたいと思います。

「この道を行けばどうなるものか

危ぶむなかれ・・・危ぶめば道はなし

踏み出せばその一足が道となり

その一足が道となる

迷わず行けよ・・・行けばわかるさ」

人は歩みを止めた時に、そして挑戦を諦めた時に年老いていくのだと思います。

1・2・3 だぁーーーー 本年は新たな挑戦の始まりです。

皆様、今年どうぞよろしくお願い申し上げます。

12月27日 本日が仕事納めです

仕事納めを前に堂々と有馬記念を予想しましたが、ものの見事に外れでした。申訳ありません。

さて、気を取り直し、今日、12月27日 本日は、クライアントさんのインターネット接続を現場までいき、それで2022年の仕事納めになります。

昨日は、久しぶりにテレワークをしているスタッフや福岡のスタッフなど一同、東京で年内最後の忘年会を行いました。

本当に、皆の助けがあって今年も1年無事に年を越せそうです。

昨日、さんざん、新しいビジネスについて語らいました。来年2023年はその新しいビジネスに全力で取り組む所存です。

来年もまた、仕事に、全力で取り組んでいきたいと思います。皆様本年は本当にありがとうございました。

皆様、良いお年をお迎えください。

それでは・・・また来年おあいしましょう・・・

有馬記念2022を、予想してみました。

今年も、早いもので、有馬記念の季節になってます。今週の日曜日が有馬記念ですね・・・・毎年このブログで予想してますので、今年も予想してみたいと思います。

さて、まだ枠順が決まってませんが、今年もまたGI7頭といういいメンバーが揃いました。でも今年は、まず間違いなく強いと思っている馬がいるので楽ですね・・・

去年は、エフフォーリアが1強だとブログで書いてましたが、

下記昨年書いていた文章です。

-------------------------------

今年は・・・僕は相当、自信ありますね。今年で35年になる競馬人生で、本当に強い・・・世界にいっても(凱旋門賞)勝てるかもしれない・・・と本気で思った馬は2頭だけです。

1頭は、皆さんもよく知るディープインパクトです。そしてもう1頭はオルフェーブルです。この2頭は、本気で凱旋門賞を勝てると思ってました。(結果3着と2着でしたが・・)

そんな僕が・・・本気で凱旋門賞が取れるかもと思った馬が今年の皐月賞馬・天皇賞馬になった、3歳馬エフフォーリアです。来年凱旋門賞に行ってほしいと思います。間違いなくコントレイルよりは強いです。天皇賞(秋)を見てそう思いました。東京の2000mなら、何回やってもエフフォーリアが前に来るイメージしかありません。

本当に、歴代、凱旋門賞を取れる馬3頭目を見つけた・・そんな感じです。

ルメールの昨年の有馬記念ホース・・クロノジェネシスと人気を分け合うと思いますが・・・圧倒的にエフフォーリアの方が強いはずです。

本当に今年の3歳は強い・・・

展開は多分、パンサラッサが驚異的な1000m57秒後半から58秒前半の逃げを打つはずです。枠順はどこからでもいくでしょう・・なんせ、福島記念で57.3秒で、軽く逃げ切ったのですから・・同じ戦い方をするでしょう・・それが一番いいパホーマンスですから・・

すると2番手は、タイトルホルダー・・・この馬もまた・・3歳世代では強い馬です。タイトルホルダーは控えた2番手から4角先頭に立ち、先頭に立つときには後ろを5馬身ぐらい離して立てれば・・と思っているはずです。(菊花賞と同じイメージでのるはずです)それで、何処まで粘れるか・・・残れるか・・・というレースをするはずです。

今年の有馬記念はこの馬がカギを握ります。

万一、7馬身~8馬身差で先頭立つようなことがあれば、逃げ切り勝ちをするはずです。それが3馬身以内であれば、間違いなくエフフォーリアやクロノジェネシス、あたりには刺されます。

最後の坂上、直線200mで、差しに回る馬の中で、堂々と差し切れる馬は、エフフォーリアだとやはり思います。クロノジェネシスもまた強い馬ですが、凱旋門賞7着帰りで、ピークは凱旋門賞だったはずですので、残念ながら引退レースは飾れないと思います。逆に2着・3着も危ないかもしれません。

すると・・・そこに突っ込んでくる馬は何か??

ここが馬券の勝負ポイントでしょう・・・

ーーー途中承暦ーーーー

今年は3連単 エフフォーリア1着固定で勝負してみたいと思います。

-------------------------------

とこんなことを書いていました。昨年はお陰様で・・・見事的中しました。・・・が・・・・

その後エフフォーリアは僕が思っていたのとは裏腹に・・・凱旋門賞にもいかなかったし・・・全然活躍しませんでした。まだまだ見る目が甘いということでしょう。

さて今年は・・・・まず・・・なんといってもエフフォーリアは・・・と思ってしまいますが・・・昔から有馬記念は「復活」がキーワードと言われます・・・古くは、オグリキャップやトーカイティオー・・・最近だとジェンティルドンナなどが・・復活したレースです。

今の・・・近代競馬は、間隔が半年間、空いたぐらいでも普通に馬券に絡みます。昔のように1回使って・・・みたいなことはしなくなりましたよね。それは・・・近代競馬が・・・ノーザンファーム天栄のような外厩調整の技術が格段に昔とは比べ物にならないぐらい上がったからです。

そう考えると・・・宝塚記念敗退以来・・・エフフォーリアは骨折したわけでもないのに・・・ぶっつけ有馬記念・・・ということは・・相当・・調整過程で走ってないということ・・・調子が上がらないということでしょう。多分普通に調整できていれば・・秋の天皇賞を使ったはず・・・最も舞台設定が合うのが東京2000Mだと思います。

そこを使えないほど・・・調子が悪かったということです。今回の有馬記念は、応援はしたいですが、掲示板に乗るか乗らないかだと僕は思います。

え・・・エフフォーリアの単勝で10倍つくの・・・「おいしい」などとは思っちゃダメです。得てして・・・そういう時はほとんど来ません。騙されます。ご注意を・・・

さてすると・・・今年の狙いは・・・年度代表馬になる確率のある馬はどれか・・・を探すことでしょうね!

まず、秋の天皇賞馬 イクイノックス 、ジャパンカップホースのヴェラアズール、宝塚記念を勝ったタイトルホルダーの3頭がいずれもG1 2勝以上で可能性があります。タイトルホルダーはここを取ればG1 3勝で間違いなく年度代表馬です。

それ以外の馬が1着になるイメージは全く沸きません。

まず・・人気になるイクイノックス・・鞍上Cルメールですが、秋の天皇賞は見事でした。大逃げを打ったパンサラッサをゴール前できっちりとらえました。

その上・・・1分57秒5のタイムでした。確かに上がり3ハロン32秒7の足は強烈。しかし・・・このレースで一番強いレースをしたのが・・パンサラッサだと思います。57秒台で逃げてゴール前2着に残るのですから・・・

僕の競馬持論の1丁目1番地はハイペースで先行して押し切るのが最も強い馬だ・・・です。

多分、次の香港カップの2000Mは相当、矢作調教師は、自信があったはずです。しかしながら・・・結果は逃げられませんでした。天皇賞秋と同じ逃げを打てれば間違いなく楽勝すると思ってました。競馬はやはり難しいですね・・・

イクイノックスに話を戻しましょう・・・彼は。大飛びで東京2000Mが最も合う馬だと思います。小回りの中山2500Mはやはり合わないような気がします。内枠を引けるかにかかっています。

人気ですが、掲示板に乗るか乗らないか・・・ぐいらいのイメージです。多分ゴール前届きません。

同じ話ですが・・・松山浩平騎乗の人気の1頭ヴェラアズールは・・やはりジャパンカップ東京2400Mの勝ち方が衝撃的でした。その時は鞍上はライアン・ムーア。賞金4億円GETです。そして渡邊調教師は初GIタイトルがジャパンカップになりました。

さて、有馬記念も賞金は4億円です。ここもヴェラアズールが取るようなことがあれば・・・賞金8億円です。初めてGIを取った厩舎が続けて勝てるか????

多分無理だと思います。ダートを使って芝に転向してきた馬なので、スタミナはあるかもしれませんが・・・切れる馬ですのでやはり中山は合わないような気がします。ましてや・・・本当に当初から狙っていて勝てるのであればムーアが乗るはずです。そのあたりが・・・やはりこない・・・ジャパンカップが目一杯の仕上げ勝負だったと判断します。

すると・・・残るはタイトルホルダー・・・凱旋門賞からの帰国後参戦ですが・・・どうか・・・というところでしょう。

この馬は、春の天皇賞あたりから・・・急激に強くなってきました。宝塚記念も勝ち・・・有馬記念も勝てば間違いなく年度代表馬です。賞金4億円と言うよりも、年度代表馬の商号が1番欲しい馬だと考えます。まず・・・ここを取ればデユラメンテ産駒の最高傑作という商号が与えられ・・・デユラメンテ産駒の代表種牡馬として、のちの種付け料が跳ね上がるはず・・・ですからここは・・・なんとしても取りたい。

そして中山向きの先行・・・スタミナ血統・・・申し分ない。多分昨年もブログに書いたが、4コーナーを回った時に後ろ5馬身離せればまず・・・勝てるはずです。マークはきついと思いますが、今年は4歳秋の充実期です。まずとりこぼさないと思います。

昨年は大外16番枠からの逃げで5着・・パンサラッサいたのでハイペースの逃げになり最後・・・ゴール坂上きつくなり刺されました。

しかしあれから1年、かなり成長したと思います。そしてパンサラッサがいません。今年は、万一外枠でも堂々とある程度の早いペースで逃げ切ると思います。それぐらい今のタイトルホルダーは強い。

2着はこちらも凱旋門賞帰りのデープボンドを押したいところです。タイトルホルダーをマークして先行早めの位置に川田騎手なら付けるはずです。昨年の2着馬・・・シルバーコレクターここでも・・ありそうです。

3着候補は・・・引退する福永騎手の菊花賞2着馬 ボルドグフーシュ・・これも意外と強い・・・

あとは・・・サンデーレーシング・・・ジェンティルドンナの子供Cデームロの乗るエリザベス女王杯馬のジェラルディーナ・・

エリザベス女王杯は、道悪で外枠を引いて大外をぶん回し差し切った。2着のウインマリリンはその後香港バースG1を勝利している。そんなことからも相当タフな牝馬で強いとみている。2着・3着候補としては十分である。

こんな狙いで考えている。あとは、タイトルホルダー・・・デープボンド・・・ともども内に入れば、というところである。

最後に・・・やはり穴なら・・・ノーザン系・社台系の馬かな。

今年も3連単タイトルホルダー1着固定で勝負してみます。

有馬記念は皆様と一緒に夢をみたいと思います。それでは・・・また

12月の第2週にようやく退院しました。

ようやく退院しましたが、まだ、片松葉杖状態で何とか歩けるようになりました。ご心配をおかけしました。

順調にいけば1月後半には普通に歩けてると思います。約2カ月間、入院しましたが、だいぶ、痩せて健康的になりました。糖尿病も血糖値コントロールされてだいぶ改善しましました。これは、入院した副産物ですね

でも、やはり退院して一番食べたかった、ラーメン、食べちゃいますよね。またそのうち太るかもしれませんが、できるだけ今のこの体系を維持できたらと思ってます。

しばらく仕事も離れており、関係各所の皆様に本当にご迷惑をお掛けしました。現在は会社に復帰しましたので、これまで以上に誠心誠意仕事に取り組む所存です。

さて、話は変わりますが、気がつけば、今日が12/19ですので、あと10日余りで、2022年も終わります。昨日、わきにわいた、サッカーワールドカップも、アルゼンチンの36年ぶりの優勝で幕を閉じました。大変見応えのある決勝戦でしたね。

いつの日か生きてる間に、日本も決勝にいける日があることがあればいいな・・・そんな思いでです。

しかしこの2022年は本当に歴史の教科書に載る出来事が多数起こりました。

今年の漢字1文字は「戦」・・・・ん・・・確かに2022年を象徴している感じだよね・・

ようやくコロナがやわらいだと思ったら、今度は、2月にロシアがウクライナへの進攻を開始しました。この21世紀に、本当に戦争がおこるとは・・・・世界に飛び火しないことを祈りたい。

未だ・・・終結の見込みは・・・残念ながら・・・ない。これを皮切に世界はまた、変貌した。

最も身近なところでは・・・エネルギーの高騰より・・・食料品含むすべての物価が上昇しました。そして今、尚、半導体不足などでの、車や電化製品の上昇・・を初め、建築資材の物価高騰・・・輸入食品の仕入れ価格の高騰が続いています。

最近は1000円を切るラーメン価格をあまり見なくなりました。コンビニのカップラーメンでも・・・今は200円を既に超えてますよね。

和をかけて今年は、1ドル150円台という一時期・・・超円安の流れに陥りました。今は135円で落ち着いてますが、この円安の流れは来年も続くとでしょうね。

そしてこの2022年にも様々な著名人が他界しました。

まさかの安倍元総理の暗殺もありました。

何故かこの数カ月・・・旧統一教会がクローズアップされ、統一教会の政治への関与をすべて排除する流れになりました。それから、電通や博報堂などオリンピックに関わるお金の流れが明るみ出ましたよね。

東京五輪・パラリンピックをめぐる入札談合事件で電通や博報堂に家宅捜索が入ったりして、世界中で感動を呼んだスポーツイベントの裏側が〝真っ黒〟だったとなればショックを受ける国民も多いですよね。札幌五輪招致にも水を差すどころか、障害になりそうです。

なぜ・・・明るみに出るのか・・・この辺は・・・今まで安倍さんが抑えてたのかもしれませんね・・・安倍元総理がいなくなったことで「タガ」がはずれ・・・明るみに出す力が働いた・・・ということでしょう。

今、思うと・・・・確かにオリンピックは、開会式含め・・・土壇場ですべてが・・・電通・・・博報堂になったんだっけ・・・思い出す。それで・・・開会式の演出が超変なのになった・・・そんな記憶がありますよね・・・ま・・・どうなることやら・・・

その他・・・アニメの声優 水木一郎 ・・今でもマジンガーZ・・歌えるし・・・残念

俳優の西郷輝彦 

漫画家の藤子不二雄A・・・ドラえもん小さいころからお世話になったなあ~

歌手の葛城ユキ・・・「ボヘミアン・・・・」

女優・・・島田陽子や松原千明・・・・俳優・・・渡辺徹 ・・・

ドリフの中本工事・・・野球の村田兆治・・・そういえば「フラッシュダンス」のアイリン・キャラも他界したよな・・

そしてなんといっても・・・アントニオ猪木・・・残念です。

あなたの・・・「道」に何度、救われたことか・・・

この道を行けば
どうなるものか
危ぶむなかれ
危ぶめば道はなし
踏み出せば
その一足が道となり
その一足が道となる
迷わず行けよ
行けばわかるさ

人は歩みを止めた時に、そして挑戦を諦めた時に年老いていくのだと思います。

1・2・3 だぁーーーー   ご冥福をお祈りいたします。

この「戦」の2022年もあとわずかです。

考えればかんがえるほど悔いが残る1年ですが・・・「人間万事塞翁が馬」ということわざがあるように・・・どうなるか・・・解からないのが世の中であり人生・・・だと思います。

来年は案外・・・「いってこい」・・・かも・・・そんなことを思う今日このごろです。

それでは・・・また・・・

近況報告です。現在入院中です

しばらくブログを更新してませんでした。というのも実は、10月の第2週に、金網によじ登り、そのまま飛び降りたら、2度と立てませんでした。ふんばった結果、左足のかかとと、足首を骨折しました。そのまま救急車です。

馬鹿ですよね。。。目的地まで、ショートカットした結果がこれです。「急がばまわれですね」忘れてました。そしてもう若くないことも忘れてました。

昨日、手術しました。昨晩は激痛にうなされてました。ここから約4週かかとがつけません。全治2か月ですかね・・・

考えてみれば・・・もう若くないってことを自覚してれば、必要のない入院だよね。本当、、、、あほ・・ですわ

この教訓は今後の人生になんか足しにんるんかな・・・もう今年54歳だし・・・・54での入院はやはりきつい。

会社は、社員が何とか頑張ってもらっていて何とか回ってます。皆さんに感謝です。

クライアントの皆様にも迷惑をかけており深くお詫び申し上げます。

復帰しましたらまた、全力でやらせていただきますので、しばしお待ちください。

それでは・・・また

仙台育英高校 夏の甲子園優勝おめでとう

今日は感無量です。

僕は、宮城県の生まれで・・・小さいころから野球小僧です。

とうとうやりました。

仙台育英高校・・・過去3度の甲子園準優勝で涙を呑んできましたが・・・とうとう深紅の大優勝旗が「白河の関」を越えました。

いったい・・・・どれぐらいの月日がたったのだろうか?

今から30年ぐらい前に・・エース大越率いる仙台育英が・・・おしくも準優勝したとき・・・

私はオーストラリアに滞在中で・・・・友人と一緒に・・・一生懸命応援していて・・本当に悔しい思いをしました。今もよく覚えています。

でもその時・・・友人と共に一緒にこんな話をしてました。

「もう東北にもそろそろ優勝旗が来るな・・・・」

そして・・そんな予感があったのを覚えています。

しかし時は流れ、「白河の関」を超えるのに・・・あれから30年かかったんだな・・・・そう思うと・・・感無量です。

本当に宮城県人の夢・・・いや東北6県の東北地方の方々の夢・・・だったような気がします。

正直今回も・・・優勝できるのかな・・・と本気で思いました。

「白河の関」は鬼門なのかって・・・ずっとそう感じてました。

それが・・・とうとう達成されたんだなあーと思うと・・感無量です。

「白河の関」を超えるのに100年かかったそうです。

いつか・・・必ず・・・ジンクスは破られ・・・夢が達成される・・・・・久々に実感しました。

本当に・・・本当に・・・仙台育英高校の皆さん・・・おめでとうございます。そして・・・本当にありがとうございました。

そんなことを思う今日この頃です。それでは・・・また

No pain, No gain