最近、1冊の本を買いました。

160-1

写真の本は、最近、買った本のタイトルです。
2008年に糖尿病の予備軍と診断されてから、
過去に2度、大幅なダイエットに成功して106Kの体重が79Kまで、減量したのですが、また、ストレスから、リバウンドを食らいました。

仕事が上手くいかないと・・・やっぱりストレスになるよね!

現在も101k・・・・

これを読んだら、本当にまずいことに気がつきました。
今度こそ、血糖値をコントロールする食事と生活週間に切り替えないと・・・本当にまずそうです。

小生は、あと何年、生きられるのだろう・・・時たまそんなことを思います。

できるだけ長く生きるには、血糖値コントロールしかない・・・
残念だが、アルコールもあきらめよう・・・

あとは、運動・・・万歩計でも買おうかな??

目標 101K→70k・・・31k減に挑戦します。

がんばろう!日本

「下町ロケット」直木賞作品・・・爽快な一冊

159-1

皆さんは「下町ロケット」もう、読みましたか??
今度、ドラマにもなるそうですが、本当にここ最近にない、面白みのある一冊でした。

小生も社長業です。・・・この立場にたったら・・んん・・など・・・いろいろ考えさせられる場面がしばしば・・・

話の大筋は・・・大企業の思惑に翻弄され、倒産の危機に置かれた中小企業が、ロケットエンジンの供給に挑む・・・
日本の小さな町工場の技術・意地・そして情熱・・・
大宇宙への夢を追い求める男たちの物語です。

仕事にかける男のプライドって熱いな!と感じさせてくれる。
そして、大企業に負けない素晴らしい技術を持った町工場の職人達を身近で感じさせてくれる・・・・

「ちっぽけな会社の大それた挑戦」まさにこの言葉が正しい。

今年、3月11日の震災のときに、日本の道路や空港・新幹線など復興のスピードに世界は驚愕しました。
世の中に日本の技術は凄い・・・ということが、知れ渡りました。

「下町ロケット」は、小説ですが、日本の中小企業には、実際にまだまだ、隠れた世界一の技術と完成度を誇る企業がたくさんあります。小生はその事実を皆さんに知ってほしい・・・そう思います。

第145回 「直木賞」受賞作品 【下町ロケット】お勧めです。

余談ですが・・・日本文学には、大きな賞が2つあります。
それが、「直木賞」と「芥川賞」です。これが2大文学賞です。

皆さんは「芥川賞」は、芥川龍之介にちなんだ賞です。・・ご存知ですよね!・・

ほぼ、100%の人が答えられます。

では、「直木賞」は、下の名前は??・・・ちょっくと考えても、でてきませんよね???

知ってる人は凄いかも??・

正解は・・・直木三十五・・・です。・・・・これが名前です。

芥川龍之介の代表作は・・・「羅生門」「河童」・「鼻 」・「蜘蛛の糸」いくつか出てきますが、・・・

直木三十五の代表作は・・ん・ん・・出てきませんね??

一般的には知られてません!!多分世の中の8割以上・・もしかしたら9割以上の人が知らないかもしれません。

不思議ですね・・・日本の教育に問題があるのかも・・・

この辺はまた・・次回触れてみたいと思います。

がんばろう!日本!

民主党の代表選・・・新たな総理が・・・・誰???

来週の29日は、民主党の代表選である。
候補者が乱立している・・・が・・・・

野田さん、馬淵さん、鹿野さん、小沢鋭仁さん、海江田さん、樽床さんといった、大臣などの経験をした人たちが手を上げている。

この顔ぶれでは、・・・リーダーシップを取れる人がいるか??・・・そう思っていたところへ前原さんまで登場してきた。

今、必要なのは、日本を引っ張る強いリーダーシップである。

その強いリーダーシップをもってやらなければいけないこと・・・
よく言われる「マニフェスト」の見直し・・・「違う」・・論点がここではない。 「脱原発」・・・これも「違う」・・・「大連立」・・「違う」

今、本当にやらなくてはいけないこと。それは、「震災後の原発の処理」である。これをどうするか??これを考えないと日本の未来はない。
まず、福島原発・放射能・セシュウム・この問題が第一である。
これに本気で取り組む総理大臣が今の日本に必要だと小生は思う。

ここから始められる人を、総理にすべきだ・・・すべてはここを基点に考えられる人が必要だ。
原発の燃料棒の処理・汚染水の処理・放射能の瓦礫処理・どこでどう処理をするか??

この原発問題の解決が最優先事項である。今後ますます、ほうれん草から始まり、牛肉・お茶・イワシ・野菜・・・そして米にまで影響を及ぼしている。

まず、ここである。・・・マニフェストの見直しとか言ってる場合じゃない。子供手当て・・・今はそこは、触れずに、全政治家はこの原発処理を考えるべきなのだ。

すべてがここから始まっている。人類は制御しきれない原発を作ってしまった。・・・ゆえに原発の終わらせ方を、本気で考える必要がある。若しくは、本気でコントロールする方法、対処の方法を、探し出さなくてはいけない。そして放射能をコントロールすることである。

答えがないから、誰もここに触れようとしない。
今も尚、福島原発の終息の見通しが、たっていない現状を最近はメディアも放送しなくなった。

もう一度、思い出してほしい・・・3/12・13・14の出来事を・・
「冷やさなければいけない」ただそれだけで、ヘリコプターで水をまいていて・・効果なし・・消防車を導入して、放水してた・・・ことを・・汚水処理ができずに、タンカーなどに汚水を積み込んでいたことを・・・結局今尚、なんの解決策も見つかってない状況を・・

そして、すでにばらまかれた、放射能セシュウムの処理を・・・

ここに着手できる総理大臣、リーダーシップが必要なのだ。

「脱原発」などを唱えるのは、その後でいい・・

まずは、これ・・ここを何とかすれば、「デフレ対策」「円高対策」「増税」「被災地復興」「TTP」などいろんなところへ着手できる。
順番を間違わないことである。

とにかく「原発被災後の処理」この1点を今度の総理にはお願いしたいものである。

日本英知を結集すれば、可能なはずだ!戦後ここまで復興した国である。

がんばろう・・・日本!

円高対策

ようやく、政府が重い腰を上げた。
財務省のホームページに下記の内容が掲載された。
日本経済の建て直しに・・・ただ、1000億ドルがどれくらいの効果があるのか・・・疑問???

ただ、無いよりまましである。
少なからず、光が指した・・・そんな感がある。

財務省ホームページ

http://www.mof.go.jp/international_policy/gaitame_kawase/press_release/230824.htm

 
円高対応緊急パッケージについて
平成23年8月24日
財   務   省

今般、現下の急激な円高の進行に対応すべく、下記の措置を講じることといたしました。

1. 円高対応緊急ファシリティ(1,000億ドル)の創設

【目的】
・急激な円高の進行に対応し、民間円資金の外貨への転換(いわゆる円投)の促進による、為替相場の安定化
・長期的な国富の増大

【基本枠組】
・外為特会のドル資金を、国際協力銀行を経由して活用
・公的部門によるリスクマネーの供給や政策融資により、①日本企業による海外企業の買収や、②資源・エネルギーの確保などを促進し、これを民間部門の円投の呼び水とする

【金額・金利】
・政策融資の財源として、外為特会から国際協力銀行に対し、最大1,000億ドルを、6か月LIBOR金利で融通
・国際協力銀行から合計1,500億円規模を出資

【期間】
・1年間の時限措置

【具体的方策】
(1)M&Aの促進
①邦銀へのクレジット・ライン供与
②産業革新機構との連携
(2)資源・エネルギーの確保・開発の促進
(3)中小企業の輸出等の支援
2. 外国為替及び外国貿易法第55条の8に基づく外国為替の持高報告

【目的】
・為替相場の安定を図るための為替市場へのモニタリングの強化

【基本枠組】
・主要金融機関に対して、外国為替及び外国貿易法第55条の8に基づき、為替トレーダーが保有する外国為替の持高(自己ポジション)について報告を求める。

【期間】
・当面9月末までの期間、報告を求めることとする。

(以上)

この円高はいつまで続く??

当社も決算を前にして、なかなか売上げが伸びてこない。
どうしたものか・・・・

来期はもっと苦しいんだろうね・・・きっと!

3.11の震災以降、大きく世の中が変化している。何度もいってきたことだが、とにかく先行きが不透明だ。
予測を立てにくい・・・

当社の事業も景気に左右される・・・今年のテーマは「リセット」と称して進めてきたが・・更なる第2段階のリセットが必要かもしれない。

いかんせん・・・景気が不透明だ・・

今日の日経平均株価も再び8800円割れ・・案の定ニューヨークの大幅下落を受けて素直に反映した。

第2段の世界同時株安の始まり????
円も76円台だし・・・・

この夏以降・・・年末にかけ日本経済が大きく下落の一途をたどる。2012年は本当にどうなっていることやら・・・

多分、2012年どっかのタイミングで円も大幅に円安に触れるのかも知れない。1ドル=95円ぐらいまで・・・

もうそのときには、時すでに遅し・・・
大方の輸出関連企業は、淘汰され、海外生産に切り替えているだろう。

すると今度は、財政赤字の問題が大きな問題となる。

どう考えても1ドル=76円の実力値は今の日本にはない。

一旦、円安にふれたら今度は、関を切ったように・・円安に以降する。多分債権市場からお金が消え、金などの物品に流れるはずである。もうゆるやかに流れ始めている・・・か・・・

原油をはじめ、穀物などの商品相場が大きく上ブレしてくるに違いない。

今でさえ、日本はまだ、大幅な円高に守られているから、ガソリンの値段や輸入食品など助かっている現状がある。

円安は円安で今度は日本の財政が窮地に陥る。

もしかしたら2012年はとてつもないインフレに見舞われる可能性が大きいかもしれない。

デフレから一転インフレに変わる。不景気の中のインフレ・・・
すなわちスタグフレーションに襲われる可能性が高い。

そうならないことを願う。

早く、新しい枠組みを政府が打ち出さないと本当にまずい。

ある程度・・・今のうちに資金をシフトしないと・・・
でも何にシフトすればいいんでしょうね!

とにかく、今、日本円で紙幣をもつことはある意味大きなリスクのような気がする。

来期は当社も思い切って海外に目を向けたい・・・
そんなことを考える今日この頃である。
※時事通信

【ニューヨーク時事】18日のニューヨーク株式相場は、世界景気の先行きに対する懸念が改めて広がる中、投資家心理が大きく冷え込み、全面安の展開となった。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比419.63ドル安の1万0990.58ドルと大幅反落で終わった。ハイテク株中心のナスダック総合指数は同131.05ポイント安の2380.43。
先週は乱高下の展開となった米株価は今週に入り、一進一退の小康状態が続いていたが、景気不安が解消されない中、ダウは10日(519.83ドル安)以来、約1週間ぶりの大幅な下落となった。アジア、欧州の株価も下げが目立ち、再び世界同時株安の様相を呈してきた。

嵐のCM・・・大丈夫か??日本!

最近、感じたこと・・・・
いや、残念に感じたこと・・・・

嵐の観光省の日本PRのCM・・・
皆さんは知ってますか???

観光省が、日本への観光誘致をする為にPR大使の
観光立国ナビゲーターにジャニーズの嵐を起用???

嵐は、北海道/青森/東京/京都/鹿児島/沖縄 を旅して
その土地の人とのふれあいや 名物に触れるというもの・・・・

そして嵐の5人はまねき猫って、ご存知ですか?

・・・と人を招き入れるご利益がある幸運の招き猫を紹介。これにちなみ、嵐のメンバーは各地で招き猫となり「ニャーっ」とPRしてます。

【松本潤:北海道】
ジンギスカンで地元の人と乾杯!
そして北海道ソフトクリームを食し、
草原で、若者たちとカラーパネルを使って
巨大なまねき猫をイラストで表現してます。

【大野智:京都】
京都のお寺で座禅。足がシビレたきつい表情・・・
何人かの舞妓さんたちと「ニャー!」、
無表情の寺の住職と「ニャー!」

【二宮和也:青森】
大きなかけ声をかけて、ねぶた祭りを表現・・・
名物の鍋がでてきて・・・・最後に温泉に入って満喫。

【相葉雅紀:沖縄】
沖縄の海。海岸で子ども達と食事、
そして画用紙に色を塗って・・・まねき猫のイラストを書き上げる。

【櫻井翔:鹿児島】
「そびえるのぉー♪」と一言・・・桜島に向かい・・・
そして 鹿児島おはら節 を舞い、焼酎????
鹿児島の味を満喫する。

こんな感じで・・・・世界中の人が日本に来てくれることでより元気になる!とアピールしています。・・・といっているが???

このCMがこれから世界113カ国に流れるのである。
本来、日本に観光客を呼ぶためのCMですよ・・・・

この嵐を起用した理由・・・わからない。
完全に世界から取り残されている感がある。笑いものにならなきゃいいが・・・・

世界の人々が・・・日本を訪れたいと思う気持ちを完全無視のCM

・誰も外人は嵐を知らない・・多分世界100カ国の人は・・・
そして、なぜ「招き猫」を紹介する・・・のか???
わからない・・・

日本には、もっと豊な自然があり、数多くの工芸文化がある。
そして、歴史が長く、建築物も古いものがたくさんある。
食もおいしい・・・そして最先端技術を持つ国なのである。

もっと。もっと。本来の外国人が求める日本を表現して、世界にアピールするべきである。

「アピールするのは、「嵐」でも「猫招き」でもない・・・
小生は本気で思う。

別に「嵐」が嫌いなわけではない。・・・「花より男子」は面白い。しかし・・・ここでジャニーズの起用はないだろう・・・

外国の人々に聞いて見たいものである。
このCMをどう思うか・・・このCMで日本へ行こうと促されたか??
このCMで、日本の魅力を感じられたか??
このCMで、何が伝わったのか??

映像には、人を動かす力が多大にある。・・・しかし・・
使い方を間違えないことだ・・・・

非常に残念に思う。今、世界各国にこのCMが流れてると思うと・・・

なぜ・・・だれもメディアは批判しないんだろうか???
これも・・また・・・不思議なことである。

残念だ・・・がんばろう!日本!

甲子園は怖い・・・名門横浜 敗北

甲子園もう一番・・・

前回も書いたが、やはり「甲子園には魔物が棲む」

名門横浜・・まさか・・・の9回表・・・

またしても・・・信じがたいことが起きた。

智弁000001008=9
横浜111010000=4

8回を終わって4-1。
ベスト8進出まで残りアウト1つだった・・・実に惜しい

なぜか・・・9回になると、勝負の女神が逃げるのか・・

実に9回だけで7安打で8点・・・・逆転

序盤から横浜ペースだった。

2、3、5回のチャンスも確実にものにして4-0。
確実に点を重ねていった。洗練されているプロに近い野球・・・
小生・・・本当にそう感じました。

守っては先発の柳投手が絶好調・・・智弁打線相手に3回までパーフェクトピックチング・・・6回に1点を失ったが、7、8回は3人ずつで片付ける・・・・ヒットが出る・・・打てそうな気配は無し!3者凡退。

この時点で・・・またもや小生・・・横浜の勝ちを確信!
したのだが・・・・

またしても・・・魔物の仕業か?????

9回、好調の柳投手が、先頭打者に安打を許すとピッチャー交代!

「クローザー」・・・ん・・・完璧に勝ちにきた。

横浜ベンチは思い切り良く継投策に出た

さすが横浜の監督は、固い・・・小生・・・本当にそう思った。

ノーアウトランナー無しから・・・ヒット・・ノーアウトランナー1塁・2塁となるが・・・続くバッターはセンターフライで
ワンアウトランナー1塁2塁・・・

続くバッターがまたしてもセンター大飛球だったがアウト!

2塁ランナータッチアップ

ツーアウトランナー1塁3塁・・・あとアウト1つで終了のはず・・だが????

多分横浜ナインは整列の準備をしていたろうに・・・体はもう乗り出していたし・・・ナインの笑みはもう悦びに満ち溢れていた映像が流れていた。

普通はやはりここで終わるはず・・・しかし・・・なぜ?????

またしてもここから奇跡が始まるのである。

しかし次のバッター・・・センター前へ執念で運び 2-4に・・

ランナー 1塁2塁・・・ここまではよくあるかも??

次のバッター・・・なぜかデットボールで2死満塁!
これがまずかった。1ヒットで同点にされる。しいて上げるならここが勝負の分かれ目か?

ピッチャー動揺したのかも??

小生・・正直・・・逆転を予感したのがこのとき・・・

ピッチャーを柳投手に戻せれば・・・しかし既にベンチである。
ここで・・・交代させるべきだった。

2点勝っている横浜・・・ここで、次のバッターがふらふらと
ライト線に落ちるポテンヒット(打順は9番バッター)

ついてるときはこんなものである。
打ち取ったつまり気味の打球だった。

なんと・・・4-4の同点 尚ランナー1塁2塁

ピッチャー気落ちしたか・・・明らかに逃げのフォワボール(これも敗因の1つ)

またしても満塁!

ピッチャー交代 3番手・・・遅すぎだ・・・でも変えないとまずい。誰がみても明らかに気落ちしすぎ・・・

こんなところで出されたらいやだよな・・・・責任重すぎだろう・・・そんなことを小生は考えていたが・・・あんの上、三遊間のヒット!

ここで・・・・なんと6-4の逆転

尚も・・・攻撃は続き、4番手ピッチャーへ交代。
またしても・・・打たれる。もうぼろぼろ・・・・

九回2死までこぎつけ・・・・あとアウト1つ取れずに8点を失うのである。

あとアウト 1 つ・・・これがどれほど大変なことか・・・

この試合を見て、またしても教えられた。

柳投手は3安打しか打たれていなかったが・・・本当は変えなくても良かったと思うのだが・・・変えるのが万全。これは事実!

しかし・・・

2番手の相馬投手は2死までこぎつけたものの・・・
まさかの・・・同点に追い付かれてしまう。

そして満塁のピンチを残して・・・・また交代だ・・・

3番手・向井投手と交代・・・駄目だ打たれる・・・小生そう思った。 案の定・・・2点タイムリーヒットを許しあっさり・・逆転された。その後はスコアボードの通り

過去に・・・名門横浜が甲子園で1イニング8点取られたことは、
長い歴史をめくってみてもない。

またしても筋書きの無いドラマである。

【横浜のキャプテンのコメント】

「8回までは自分たちの流れだった。原因は分からない」