ホームページからの集客が落ちてませんか?

世の中のほとんどのWEBサイトが苦戦しているのが現状です。なかなか、自社のホームページから集客できない・・と嘆いている会社様の声を耳にします。

何が違うんだろう・・・そんなことを思ったことはありませんか??

違いは実は簡単です。マーケティング力の差です。

「WEBマーケティング的なホームページになっているか」ということです。

実際に販売するため・・・若しくはサービス提供を受けたい人を捕まえるためのホームページになっているか・・・どうか・・です。

現在、喜ばしいことは、年々、インターネット経由での販売やサービスの提供が、増えていっているこということです。しかも急激な伸びで・・・

大手配送業者のY社は、宅配便の8割以上がネット通販のものらしいです。

しかし、あなたの会社は、以前に比べると圧倒的に、インターネット経由の売上が落ちてきた・・・なんて会社さんが多いのが現状です。

なぜ??・・・・

販売を主とする会社さんは、Amazonを始めとする大手ショッピングモールの台頭が大きな原因の一つだと思います。今や、インターネットユーザーのほとんどが、自分がほしい商品が、百貨店であったとしましょう・・・すると次の行動は・・・・

容易に想像できますよね・・・・スマートフォンでAmazonで検索し値段を比較します。するとやはりAmazonが圧倒的に安いんですよね。

そして、ほんとにほしければその場でAmazonで購入しちゃうんですよね。

次の日には、自宅に届く・・尚且つ送料無料で・・・下手な荷物にもならないんです。

また、工事や修理など請け負う、例えば、リフォーム会社、電話工事会社、引っ越しサービス会社、エアコン空調メンテナンス会社などの、見積を取ってサービスを提供する会社さんなどは、ここにもいろんな一括見積サイトの台頭があり、そのようなサービスを受けたいと思う、ほとんどのユーザーが、価格を比較するのに利用します。

すると・・その中で一番安いところを選ぶようになるのが8割以上占めます。ですので、貴方の会社のホームページへはたどり着くことが少なくなっているのです。

もっといい例が不動産の業界です。

不動産の業界は自社のホームページからの流入は非常に難しくほとんどが大手ポータルサイト経由です。ユーザーは沢山の物件情報の中から選びたいので仕方がありません。

この業界も直接あなたの会社のホームページへ直接来ることは、非常に少なくなります。

このように、インターネットが普及して20年近くの歳月が流れる中で、たくさんのユーザー向けの便利なアプリケーションなど生まれた結果、今日のような状態になっているのです。

これらを踏まえ、これからホームページをリニューアルしよう・・ネットでなんか売ってみよう・・・なんて考えている会社さんは、十分にマーケティング効果の高いWEBサイトを作ることが最も重要になってきます。

ネットの業界もどんどん、やはり大手の一人勝ちになってくるのでしょうね・・・

そんなことを思う今日この頃です・・・・それでは・・・また

 

ホームページ制作会社の未来

今日は、ホームページ制作会社の未来というテーマでお話しをします。

弊社も開業から一貫してホームページを作ることを生業にしてきました。しかしながら、この2017年現在、同業者の多くが姿をけしました。

当社も、大幅にホームページ制作業から、すこしづつ新しいビジネスに転換している途中です。

まず、ホームページ制作の販売価格が10年前に比べると、3分の1ぐらいですか・・・・それでも価格的には高いほうです。

すでに10万円以下で、ホームページを作る会社も増えてきました。ただ・・・クオリティーはかなり下がりますが・・・・とりあえずあればいいという会社は十分です。

あまりにも価格が下がった・・・・やはり続けていくには難しい事業になってきました。

ほかにも、こんな現象が起きています。

通常、企業が利益を上げるには、

利益(売上)=顧客単価 × 顧客数・・・という方式が成り立ちますが、こと私たちの業界にはこれが当てはまらないような気がしてなりません。

なぜ???  それは、ホームページと一緒にサーバー及びドメインを管理しメールアドレスなどを管理しているからだと思います。

10年前は、サーバーが落ちたり、メールが使えなかったりしてもそんなにクレームにはなりませんでしたが、今は、メールが使えなくなったら、すぐ連絡が来ます。当然対応しなければいけません。しかもそのサーバーラックに入っているクライアントさんからすぐ、連絡がきます。

顧客が多ければ多いほど苦しむビジネスモデルなんですよね。ウイルス全盛期のこの2017年は、こんな事態が相当多くなるのでしょうね・・・多分。

弊社はそんなことを見越して、1サーバーには、10社程度しか入れてませんが、1個のサーバーに何百社と入れてる会社は、かなり対応にこまるでしょうね。

これらのことを考えるとホームページ制作会社は、今後このサーバーの領域は手を出したらやられる可能性があります。

やはりホームページ制作会社の未来は明るくないといわざろうえないでしょう・・・・

では、同のような転換をすべきなのでしょうか??

マーケティングを含めた広告屋になっていくことが求められる時代かもしれません。なかなか作るだけでは、食っていけなくなるのでしょうね。

当社も、今、新たなビジネスモデルの確立中です。解っていることですが、いづれホームページ制作では食えなくなります。

当社も次の展開に早急にシフトすることが今年のテーマです。

昔、「チーズはどこへ消えた」っていうベストセラーがありましたが、まさにそんな感じです。

WEB業界はマーケティングにシフトしていかなければなりませんね。

そんなことを思う今日この頃です。

それでは・・・また